読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプレーの通販価格を比較し「1つだけ」厳選紹介 2017年度 テクノロジィ

いいです。繊維関係に塗装するにはこれが一番良い商品です。臭いや塗り始めの噴射量は他のラッカースプレーと同じだと思います。

いまオススメの商品♪

2017年01月31日 ランキング上位商品↑

テクノロジィ スプレー染めQテクノロジィ 染めQスプレー 264ml

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

(本革)擦れていたところは擦れたままですが、目立たなくはなりました。その場合、一回毎は結構 薄付きなので、都度、乾かしながら数回繰り返しました。準備品: 染めQエスプレッソブラウン。クリナーと合わせて購入しました。スプレーは色の調合が出来ないので!補修など部分的に塗る場合は完全に同色に仕上げるには無理があります。使い捨ての薄手ビニル手袋。ムラも出来にくく塗装しやすい。よごれて使えなっかたパイソンの財布がよみがえりました。結構換気は強めじゃないとスプレーがこもって苦しいので!ガレージなどが最適ですね。************************************ちなみに!バッグ内側は布素材でしたが!特に気付く影響は無かったです。臭いがかなりきついので、強く屋外をお薦めします・・・。小さめのポケットなど!それなりに凹凸のあるバッグでしたが!角度を変えてスプレーするなどすれば!大きなムラは防げましたし!個人的には!使い込んだ感じのムラ感があってもいいと思っていたので!いい雰囲気が出ました。同色系でもベースコートの使用をお勧めします。。クリナーで汚れを落としてから、染めQを使用しました。簡単できれいに染まります。(ベースコート等は使いませんでした) 三面鏡状のダンボール(普通のダンボールの接着箇所を剥しただけ) 床に敷く新聞紙。凄く綺麗に染まって凄く嬉しいです。黒が一番楽に使えると思います。(一応、エプロンもしましたが、 小物だったせいか、大きな飛び散りは無く、 汚れませんでした)*******************************スプレーの押し始めと終わりが噴出量が多くなりやすいので、濃くしたくない部分にあたらない様、適度にサッと素早く(横・縦など)動かしつつ吹きかけると上手く出来ます。模型等を塗った経験があれば楽に塗れますが、経験のない人は対象物の手前から塗りだし通り過ぎてから離す、薄く重ね塗りするを心がけないとムラになるので注意が必要です。追記:白の革バックを綺麗に染められましたが!その後は!染める以前よりも明らかに!汚れが付き易くなりました。エプロン。ちょっと臭いがきついのと量が少ないのが難点です。ただスプレーなので、飛び散りますから段ボールの中で使用するなど、工夫した方が良いでしょう。ブリリアントレッドの発色がきれいに染まってよかったです。作業もとても簡単で、汚れ落としから染め終わるまで30分弱で完了しました。結局、一本使わなかったので、後日、補修に使えるでしょうか。 面積:おおまかに! 本体 縦40×横30センチの前後一面ずつ。業者に依頼すると2万円程度かかるので!買い換えるか悩んでいたのですが!3千円弱で同様の効果が出て大満足です。小さいものを塗る時などはGUN-MODOKIを使用すると吹き出し量のコントロールが簡単にできて便利です。車などの密閉空間やソファー等の大物への使用は臭いが気になる方にはお勧めできないと思います。。この塗料はかなり独特の臭いがあり!時間が経ってもなかなか抜けません。革パンで3本ほど必要なようです。色もネット購入だったので心配しましたが!思ったとおりの色でした。30cm正方のバックと20cm正方のバック2つ染めるのには2本必要でした。**********************************ダンボールと新聞紙で囲いを作り!新聞紙を詰めて形を整えたバッグを置き!向きを変えたりしつつ!曇り〜晴れ!弱風の日に屋外で実施。うまくいかなければ、仕方ない、新しい財布を買おうとおもったのですが、すごくキレイに染まり、染めたくない箇所はテープで保護して、みごとリメイクに成功しました♪(お見せしたいくらい!!)2年前に購入したUGGの黒ムートンブーツがヘビロテしすぎて色褪せていて今年新たに買いましたが、捨てるには惜しく感じ色々調べたところ、この商品にたどり着きました。ルイビトンの黒のカバンが色あせてきたのでだめもとのつもりで買い!使用しました。宣伝どおり!革が手軽に染まります。事前にチャック部分はテープでマスキングをすればバッチリですよ。ただし、新品以外の物に使用する場合、質感まで新品程度に復活するということはありません。染める時の労力を考えると、頻繁にはしたくないし、☆マイナス1で。染替品: 牛革バッグ(Beau'reというブランド) クタッと柔らかい革で、 元はカフェオレっぽい薄いベージュ色。より綺麗に仕上がりました。手順通り何度も重ね塗りを行えば仕上がりも非常に奇麗です。翌日!コロニルの革用クリームで拭いてみましたが!色落ちは無かったです。 染めQ GUN-MODOKI。黒の衣類との相性も悪いのか、黒く擦った跡が沢山残りました。新品とはいいませんが!剥げていたところがきれいに染まり!再登板しています。264ml/70mlの他に徳用サイズが欲しいところですね。乾燥が非常に速いので重ね塗り作業もそれほど苦になりませんが重ね塗りを必要とする分思ったより量が必要ですので余分に買っておいた方が無難です。薄手ビニル手袋とマスクとGUN−MODOKIは役立ちました。車のシートの場合!一脚で3〜4本必要です。マスキングをした金具部分にも隙間からスプレーが付いてしまったのでクリーナーも購入しておいて良かったです。スプレーなので簡単に出来ました。後は良く表面をふき取ってしっかり乾かすことがポイントですね!ゴールデンウィークを利用してやっと施工しました。10年前の革のバック。あくまで見た目的なものですが!4〜5回繰り返すといい感じになりました。形がお気に入りでずっと使いたかったのですが!革の色がはげて泣く泣く引退させたのですが!この商品を知り!購入しました。ちなみに、同じ箇所で止めたり、いっきに濃くしようとすると、液ダレしやすく、ムラや剥げの原因にも・・・。今まで塗装は無理だと思っていた物が簡単に塗れるのは非常に画期的ですね。布製の椅子に使用しました。後はどのくらい使用に耐えるかですねー♪ポッテガベネタのピンクの財布が汚くなり!皮の傷みなどはなかったので!染めて使おうと思い!この商品を買いました。ただ、1本で染められる範囲は結構狭いです。白の革のバックが汚れたり!黄ばんできたので真っ白に塗り直しました。スプレー染めは初めて。素人でも綺麗にスプレー出来ましたし!仕上げに保護スプレーを使用したところ!新品になりました。ダメなら捨てようと軽く思っていたケドびっくり!新しく買ったヤツと変わりません!なんだか得した気分です☆でもスプレー直後はめっちゃ臭い!あと色が落ちてこないかなとか少し心配。使い方も簡単です。 ストラップ 4センチ×110センチくらい。車のシートを染めました。革自体の素材感もそれ程 変わらず、一緒に染めてしまった金具も、爪で強めに擦っても大丈夫で、染めた後の強い臭いも、半日から一日 干しておいたら、しなくなりました。 マスク。深めの擦り傷も良く見ないと分からない程度で、色落ち色あせは完璧に修復でき、パッと見には新品に見える程度に蘇りました。